梅花咲く'10:7:緑萼梅

こんな、なんか語感のおどろおどろしい梅のあること、してまたそれらがとても美しいこと、を知ったのも
梅の写真を撮りに行ったときでした。

ながながと続けて参りました今年の梅は、これにて了。ここまで見てくださってありがとうございました。
a0142976_18213449.jpg




中国、ですよねえ、きっと起源は・・・この雰囲気
a0142976_18215455.jpg
a0142976_1822285.jpg

by wwmc | 2010-03-01 18:22 | フォトブログ奈良 | Comments(2)
Commented by mizuki_2004 at 2010-03-01 22:13
これはなんと読むのでしょうか。
始めてみる漢字です。
名前を聞いてみると、枝の緑がどこなく品がある緑にみえます。
Commented by wwmc at 2010-03-02 08:15
■みずきんさん
ありがとうございます。花の名前は、いくつも読み方あるのでしょうけれど、
リョクガクバイで良いと思います。白梅では、裏から見たときに、
まあるい萼(ガク)の色が赤いですよね。拙稿の下記↓ご覧ください。
<http://pds.exblog.jp/pds/1/201002/22/76/a0142976_17411228.jpg>
この種類は、こちらが緑色なんですよね。梅は、個人的には満開よりも
ぽつりぽつりと開く様が大好きです。


<< 冬の終わりに京都::七条 梅花咲く'10:6:紅梅 >>