喜光寺の夏:1:匠のこころ

平城京跡にほどちかい奈良の古寺、喜光寺。

ことしも夏の訪れを感じようとにこに来させてもらいました。シーズン中の早朝特別開門午前7時の少し前に到着。開門を待ちます。
この時間がまたいいんですよね...


住職さんにご挨拶を住ませたあと、早速、ことしの蓮を見せていただきました。
a0142976_16325538.jpg
* PhotoClickで拡大 *


それにしてもこの喜光寺、どんどん有名になって、どんどん境内が整備されていきます。

a0142976_16363728.jpg


私が初めておじゃました頃は、まだまだあまり人には知られていなかったので、、、

a0142976_16381832.jpg

ちょっと複雑な気持ちも・・・当時は、まさになんだか宝物をみつけた気分でいたものです。


このお寺の蓮は、すべて鉢植え。それも、とても綺麗に咲かされています。
それにはちゃんと理由があるんですね。
a0142976_16395472.jpg


この方、2年前の早朝、やはりこちらでお目にかかった樋口一匠園のおやっさんです。

a0142976_1642752.jpg

この日もひとつひとつの鉢を丁寧に観察しては、すわりこんで水を入れ替えたり古い葉っぱを取り出したり、と
まるで我が子を慈しむような優しい手つきで作業しておられます。

東大寺や薬師寺の蓮もこの方が咲かせているという凄い方に
前回、名刺まで頂き、それをずっと大事にとってあることを話すと嬉しそうにしてくれました。


もうひとつこの方の凄いところは、写真写りまでを考えて鉢を整備し、並べ、手入れして下さっているところです。
何人かのblogerが、この方とお話ししたことを記事になさっています。私自身も本当に頭が下がる思いです。
a0142976_16471064.jpg

石仏前の一枚をみたら、蓮の花やつぼみがほんの少し首をかしげお礼しているように見えました。



今年もありがとうございます。おやっさん。

by wwmc | 2012-07-14 16:51 | フォトブログ奈良 | Comments(8)
Commented by arak_okano at 2012-07-14 20:46
いや、蓮はくっきりはっきり、背景はほんわかですね、
お見事、バグースですね!
Commented by tamakipapa at 2012-07-15 09:51
おはようございます。
見事なハスを見事な構図で、、、惚れ惚れです。
ピンクのグラデーションが見事です。
薔薇と同じくらいハスは苦手な被写体ですが、私も今朝撮りに行って来ました。
が、今イチだったかな?
Commented by oldlens at 2012-07-15 23:32
どんだけ美しいのでしょう!
まるで蓮花の明かりが灯っている様です。
咲かす方と写す方の見事な連携ですね。
手を合わせたくなりました。
Commented by WWMC at 2012-07-16 11:26
★okanoさん おはようございます

お褒めの言葉ありがとうございます。開門前におじゃましたかいあり
ゆっくり撮らせてもたうことができたのが 良かったかもしれません。
Commented by WWMC at 2012-07-16 11:28
★tamakipapa さん おはようございます

蓮の花は、誰をも名カメラマンになった気分にさせてくれる、
そんな花でもありますね。お褒めくださりありがとうございます。
ここは写真好きにやさしい...お寺さんです。(*^_^*)shu
Commented by WWMC at 2012-07-16 11:29
★oldlensさん おはようございます

過分なお言葉ですが 嬉しいです、ありがとう。いやほんとにね
蓮の花を撮ると、そういう気持ちが自然と沸き起こる、これは
ほんとうに不思議です。
Commented by yuta at 2012-07-17 01:01 x
こんばんは
きれいに咲いている陰には丁寧な手入れと気配りがあるからなのですね
石仏の前で蓮がかすかに傾いている写真が印象的です^^
Commented by wwmc at 2012-07-17 07:58
★yuta さん おはようございます

おっしゃる通りかと思います。このようなことを気付かせてくれるという
これもまた立派な仏道でありましょうね。ありがとうございます。


<< 喜光寺の夏:2:考えさせられる花 志摩の休日:6:おかげの駅 >>