古き山の紅葉:4:山への畏敬

太古の宗教では、さまざまな自然が信仰の対象になっていたようです。

a0142976_8104618.jpg
* PhotoClickで拡大 *





我が国では山もそのひとつとして、様々な地方で崇められ

a0142976_813641.jpg

そして畏れられてきました。

a0142976_813542.jpg

ここにたって、眼下の街の風景を眺めていますと

a0142976_8155339.jpg
* PhotoClickで拡大 *
人々のそんな気持ちがほんの少しわかるような気持ちがいたしました。


この日ここに辿り着くのはちょっと難儀しましたが
a0142976_814177.jpg
深まりゆく山の秋景に触れることができて本当に良かったです。

a0142976_816368.jpg
かえりみち杉木立からのぞいた金色に輝く黄葉もすこし神々しく感じました。



by wwmc | 2012-11-19 08:30 | フォトブログ奈良 | Comments(4)
Commented by prado9991 at 2012-11-19 12:19
こんにちは
昨日はお世話になりありがとうございました。
楽しい一日が過ごせました。

少ししんどいのを我慢して山に登るとやはり地上とはまた違って素晴らしい風景に出会えますよね。
登山までいかなくても近所の山を登るのも良いかもしれませんね。
山を背景にした紅葉もやはり素晴らしいです。
Commented by wwmc at 2012-11-19 18:07
★ pradoさん こんばんは

いえいえ何をおっしゃいます、お世話になったのは一方的にこちらのほうで
あります。素晴らしい一日、ほんとにありがとうございました。

この展望台までは、ちっちゃな子でも頑張れば...程度でありました。
(登るのに苦労したのは私の愛車のほうでした^_^;)でもね、
いままで見たことの無い土地でこんなふうにパノラマを見せてもらえて
とても嬉しかったんですよ。ありがとうございます。
Commented by アラック at 2012-11-20 09:00 x
おはようございます、アラックです。奈良の奥深くでしょうか、素晴らしい景色の数々ですね、森林浴もいっぱいでさらにバグースですね、私は京都がやっとです。
Commented by wwmc at 2012-11-20 17:19
★アラックさん こんばんは

そうですね、奥深くというほどではなく室生寺などよりはもう少し手前
ではありますが、いわゆる観光コースからは大分入ったあたりです。
京都から奈良、意外に距離感がありますもんね。ありがとうございます。


<< 朝陽の真如堂:1:灯すがごとく 古き山の紅葉:3:小さき社 >>