初瀬晩秋:2:光さすとき

およそ写真を撮られる人にとり、待っていた光がさしてきたとき、その光にあふれた風景をファインダーに捉えたときほど幸福感につつまれる瞬間はないでしょう。

さてここにも、やわらかな冬の朝陽が降り注いできました。

a0142976_14505791.jpg
*photo clickで拡大*




こうして楓の古木の連なる高枝を見上げていると、小さくとも由緒正しきこの社にお参りするために
かつてこの下を通って坂道をのぼり来た人々のことに、思いを馳せるのでした。



先ほどまで重々しい赤や橙色をみせていた周囲の風景も俄に明るさをましてきます。
a0142976_14593771.jpg
と、そのとき、三脚を担いだカメラマンがお一人、ふいと坂道の影から現れました。




「おはようございま~す」気持ちよい挨拶を耳にしてまたまた嬉しくなります。
a0142976_14594883.jpg
そして挨拶を返した私にその方が口を開かれました。



「ひょっとして、、、Sさんですか?」
a0142976_150046.jpg
「ええーっ、Rさんなんですか?!」  *photo clickで拡大*



そうです、そのカメラマンこそ昨夜私にメールをくださったその方だったのです。
a0142976_150113.jpg
驚き、喜び。 手袋を取ってかわす固い握手。



その方も後に書いてくださいました。
a0142976_1502124.jpg
ほんの二言三言の短い会話とお礼の言葉、それで十分だったと... まったく同じ思いです。




小さな社に低頭し手をあわせ、じわりあふれる幸福感を胸に
a0142976_1503090.jpg
私はゆっくりと丘を下りました。

by WWMC | 2013-12-12 20:06 | フォトブログ奈良 | Comments(8)
Commented by june_an at 2013-12-12 23:27
素晴らしい光景に溜息です〜^^
こんなにも見事な赤い絨毯を見たのは初めてかも〜
鮮やかな落ち葉を踏みしめこんな階段を上って行くなんて、感動ですね。
そして、メールを下さった方と出逢えるなんて、
こんな嬉しいことはないですね。
Commented by youpv at 2013-12-13 06:31
おはようございます~。
広がる風景も素敵だったと思いますが
メールを下さった方との出会いが更に素敵ですね(^^)

風景の見事さに加えて、嬉しくなりますね(^^)
Commented by WWMC at 2013-12-13 08:13
★june_anさん おはようございます

嬉しい言葉をもらいました(*^ ^*)ありがとうございます〜。
結構知ってるつもりでもまだまだ身近に知らない絶景がいっぱい、
写真を撮るようになってから毎年毎年そのことに気付かされます。
出会いのことは、心の底に微かな期待もあったんだな、と
坂道を折ながら考えてました。

Commented by WWMC at 2013-12-13 08:15
★youpvさん おはようございます

この日は、二重三重の幸福感でほこほこでありました(^^)
貴兄はきっと、早朝の寺社や山中でこのような感覚を
いつも抱いておられるんでしょうなあ。やっぱり早起きは
いいですね。ありがとうございます。
Commented by arak_okano at 2013-12-13 20:51
あ、口が開いたままです。
一言、バグースです、それ以外は浮かびません!
Commented by yaguchitenga at 2013-12-14 08:00
見事な風景ですね
神が守っているのでしょう
綺麗です
Commented by WWMC at 2013-12-14 08:30
★アラックさん おはようございます

おおきに(*^_^*)まいど、です。
Commented by WWMC at 2013-12-14 08:32
★yaguchitengaさん おはようございます

ほんとそんな感じでした、それもあまたの人には知られず、に。
ありがとうございます。


<< 初瀬晩秋:3:煙 初瀬晩秋:1:丘の上の社 >>