秋から冬への大和路::小屋

丘をくねくねと下ってゆくあぜ道の途中には、心そそる風景が次々と現れます。

a0142976_15524733.jpg


まだ周囲の山肌は明るい色に染まっていて少し嬉しくなります。




 
a0142976_15541696.jpg

途中、趣のある小径をみつけ少しのぼってみました。

a0142976_954953.jpg

柿の木の剪定でしょうか、、、  *photo clickで拡大*

a0142976_15542524.jpg

畑に脚立を建て作業中の翁にちょっと会釈をして、  *photo clickで拡大*

a0142976_15543817.jpg

小屋の近くまで歩かせて貰いました。

a0142976_15544751.jpg


手作り感がひしひし伝わる

a0142976_15545744.jpg

こんな小屋にはとても惹かれてしまいます。  *photo clickで拡大*

a0142976_1555516.jpg

もう少し歩いてまいります。

by WWMC | 2013-12-30 16:07 | フォトブログ奈良 | Comments(6)
Commented by prado9991 at 2013-12-30 21:48
こんばんは
大和路ならではの風景ですね。
広く大きな青空、広がる田舎の風景、そして風雨に晒されたトタン屋根の小屋、郷愁を誘いますね。
今年も何かとお世話になりっぱなしで、ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。
寒い中、風邪などをひかれ無いように御留意くださいませ。
では、良いお年を。
Commented by kirafune at 2013-12-30 21:57
いつだったか、向島の夜を撮るワークショップでご一緒した
写真家の中里和人さんの写真集「小屋の肖像」を
思い出しました。
中里和人さんもshuさんのように、
手作りの小屋に魅せられた方で、
気ままに建てられた小屋は建築の原風景、
モダンアートでさえ超えてしまう景色と言っています。
shuさんの撮られた小屋も味がありますね。
周囲の紅葉した山々がいい背景になり、
それこそ、アートのように見えました。
Commented by 阿修羅王 at 2013-12-30 22:49 x
こんばんは。
節分のあの寒さを思い出せない暖かそうな陽射し、
大和路は私も憧れていますが、どうも機会がありません。

今年は皆さんとお近づきになれて、本当に楽しい年になりました。
ありがとうございます。
また来年もお付き合いいただけたら嬉しいと思います。
どうかよいお年をお迎えください。

Commented by WWMC at 2013-12-31 12:17
★pradoさん こんにちは

京都に住まわれる貴兄を羨ましいなあと思うこと数あるのですが
しかしまた、奈良へもぷいとでかけられる気軽さのある大阪が
齢を重ねるごとに好きになってきています。 ほんとにいろいろ
ありがとうございました。また来年!
Commented by WWMC at 2013-12-31 12:21
★kirafuneさん こんにちは

こういう小屋を見たり撮ったりしていると、なぜか幼いころに読んだ
例の3匹の子豚のお話が浮かんできます。小屋ってのは作ることが
できるんだ、っていうことが驚きだったんです。
中里和人さんとおっしゃる写真家の方は知らないので、また
ちょっと調べてみますね。いつもありがとうございます(*^_^*)
Commented by WWMC at 2013-12-31 13:00
★阿修羅王さん こんにちは

こちらこそご一緒できる機会がありこうしてお知り合いになれて
嬉しかったです。襖絵プロジェクトではお世話になりましたし、
ありがとうございました。来年もまた四季折々の京風景を拝見したく
どうぞよろしくお願いしします。


<< 秋から冬への大和路::山の辺にて 秋から冬への大和路::丘の上から >>