冬から春へ:3:代わり番このお寺

奈良は二上山麓の古刹:當麻寺の境内に十月桜が咲いていました。

a0142976_1853380.jpg
*photo clickで拡大*


この當麻寺には、ふたつの仏教宗派:高野山真言宗、浄土宗が併存しています。





居合わせた住職さんに伺うと
a0142976_18103650.jpg
一年ごとに二つの宗派の僧侶が交替で住職をお勤めになるとのこと。



代わり番こ(^^)のお寺なんですね。
a0142976_18104667.jpg
日本の宗教のこういうおおらかさが、私には好ましく感じられます。



この時期に一斉に咲きはじめる花のひとつが、このミツマタ
a0142976_1816258.jpg
そう、小学校の地理でコウゾと一緒に覚えたあやつです。たしかに枝分かれが三つ叉だ!



オレンジ色の花がまだ一つ二つでしたので、帰りがけご住職に
「いつごろ満開になります?」と伺ったところ...

「もうすぐです、お彼岸のころにぶわーっと咲きますよ。もいっかい来て下さいっ!」(*^_^*)
a0142976_18171624.jpg
思わず、がはははっと笑ってしまい、おたがい合掌しながらお辞儀をしてお別れしてまいりました。 *photo clickで拡大*


やっぱり関西のお坊さんはタダモンやない...な。 撮影:March 09/2014

by WWMC | 2014-03-18 18:25 | フォトブログ奈良


<< 冬から春へ:4:気になる存在 冬から春へ:2:花のなまえ >>