桜風景2015:6:雨にこそ


先達に従い、雨の桜井山中に車を走らせます。

ふと車を止められた彼の指し示す向こうには見事な竹林と、そのなかに浮かぶ数本の桜が。

a0142976_17483646.jpg
* PhotoClickで拡大 *





 
思わず声が出てしまいました。 まるでそれらは自然の中に立つ
a0142976_17533598.jpg
巨大な日本画のごとく私の目には映ったのです。


竹の新緑とそしてなんとも表現しがたい二種の桜花の色合いは雨でこそありえた美しさであったのかもしれません。
a0142976_20551621.jpg
或る著名な大和路写真家の方が作品の題材にされた場所であるとのこと、納得であります。



これまではひたすら青空を渇望していた桜風景は
a0142976_17582408.jpg
もしかすると雨にこそふさわしい日本の風景であったのかもな


とそんなことをひとり車の中で考えていました。
a0142976_18010806.jpg
ここへ連れてきていただいたこの日は今後も長く私の記憶に残りそうです。













by WWMC | 2015-04-12 18:05 | フォトブログ奈良 | Comments(4)
Commented by kirafune at 2015-04-12 21:36
霧と竹林と桜。
絵になる景色ですね。
素人がぽっと奈良に行って簡単に
辿りつける場所ではなさそうです。
そして雨の桜風景もこうして見せていただくと
しっとりといいものですね。
日本情緒を感じました。
Commented by WWMC at 2015-04-13 19:54
★kirafuneさん こんばんは

そうですね、まずそこには入り込まないし、通りかかった
としてもこの季節でなければまずそこを見つめる方は
少ないでしょうね。幸運でした。
Commented by wild-hunch at 2015-04-14 00:34
例の湖畔の桜ですね。

長谷寺といい、しっとりとした感じがイイですね。
撮るのは大変ですが。
当日はお疲れ様でした。
私だけ別行動しちゃいましたが^^;
Commented by WWMC at 2015-04-14 09:23
★wild-hunchさん おはようございます

桜井の桜風景、よかったですー。

今年はすごいチームに加えていただき本当に感謝しています。
私にはすべてが新しくてとてつもない魅力を秘めています。
これからも宜しくお願いします(^^)!


<< 桜風景2015:7:寺を守る桜 桜風景2015:5:雨に烟る初瀬 >>