収穫の朝:1:二人で稲刈り

早朝撮影が空振りだった朝。写友のtoshiさんが稲の収穫を見にいこうと誘ってくださいました。 向かうは宇陀市の最奥部、もう少しで三重県というあたり。

そこによい棚田があるとのことで楽しみに車を走らせました。

a0142976_18265736.jpg
* PhotoClickで拡大 *




 
 
現地につくとまもなく向こうから持ち主の農家の女性が歩いてこられ、私たちが撮影をお願いすると
a0142976_18132759.jpg
にこにこ顔の二つ返事で承諾してくださいました。またなんと幸運にもいまからまさに刈り入れを始めるとのこと。



様々な色の近鉄特急が通り過ぎる鉄橋を見晴るかすこの棚田でずっと稲を作り続けてこられたのでありましょうね
a0142976_18405722.jpg
おふたりは。  * PhotoClickで拡大 *



半年を掛けたことしの稲作も最終段階。
a0142976_1841627.jpg
最後の作業もお二人です。



お父さんが刈って
a0142976_18415668.jpg
* PhotoClickで拡大 *
a0142976_1842549.jpg
お母さんが束ねる。



言葉少なに進められていくその過程は
a0142976_18131096.jpg
少しの無駄もなくよどみもなく



着々と刈り穂が作りあげられてていきます。
a0142976_18131939.jpg
本当にお見事です。 * PhotoClickで拡大 *



この日、目を奪われたのが刈りあげたばかりの稲穂の美しさ
a0142976_18424783.jpg
そして、そこから組み上げられる稲架がけの見事さでした・・・次回に続きます。

by WWMC | 2015-09-18 21:30 | フォトブログ奈良