確かな業

大和路にはさほど広大な農地を見かけることはありません。

むしろどちらかといえば農家の方にとっては耕作しにくいところが多いのかもしれません。

a0142976_11242125.jpg
* PhotoClickで拡大 * 【撮影5月22日】




 

しかし、その彼らの確かな業が
a0142976_107238.jpg
毎年々々正確にそこに刻まれ  * PhotoClickで拡大 *



そしてそれが次の世代へ
a0142976_10322470.jpg
連綿と受け継がれていくことで



こんな山間の棚田にも
a0142976_10343048.jpg
秋には見事な穣りがもたらされるのでありましょう。  * PhotoClickで拡大 *



代掻きから田植え
a0142976_1034395.jpg
草刈りに水の調整...



誰も見えない山間の棚田でひとり
a0142976_10344822.jpg
黙々と作業をする方々の姿を拝見するにつけ



彼我の日々の努力の差を思いやり
a0142976_10351372.jpg
ちょっと考え込んでしまいます。



ピシャピシャピシャピシャ...シャッシャッシャッシャッ...
a0142976_10352655.jpg
手作りの小さな水車の回る音が心地よくずっと谷間に響いていした。








 
by WWMC | 2016-06-04 12:06 | フォトブログ奈良


<< 誰そよぶ青い妖精 鎮守さん >>