ホタルへの想い

ホタルを観に行きたい。もう何年ものあいだそう言っては行けずに...いや、行かずに毎年の夏を過ごしていました。今年こそと思い立ち平日の夕刻、友人からの情報を頼りにホタルの里へ向かいます。

地元の人しかしらないホタルの名所に着いて「このあたりかな?」とメールを送ると「イヤ...違うと思う」と返信。そのうち「今から行きます!」と急遽駆けつけてくれることにm(__)m

持つべきものは友であります。


この川辺も良い雰囲気だったのですが達人曰くのもっと飛ぶところへ移動して撮影開始です。 
a0142976_1731297.jpg
* PhotoClickで拡大 * 【撮影6月9日】





 
20年いやもっと経っていたかも、感激でした。うわぁーの連発でした。

黄昏が迫るとともに茂みの奥にちらほら見え始めた金色の光がどんどん増えだして * PhotoClickで拡大 *
a0142976_1774232.jpg
私たちの周囲を飛びまわり始めます。手を差し出したら本当に掌にとまるんじゃないかな...
ときに一匹がレンズのすぐ先をゆっくりと横切るとファインダーの中が一瞬まばゆく光るほど。


あたりには私たち以外には2〜3組の地元の方々の姿だけ。じつに贅沢な空間。 * PhotoClickで拡大 *
a0142976_1751932.jpg
この日驚いたのが、彼らの飛翔する高さ。奥の杉林にむかってどんどん飛び昇るホタルの群れは圧巻。



ピークのときにはまるで電飾に飾られたように賑やかな光に包まれた杉の木が見てとれました。
a0142976_1753329.jpg
数十年ぶりのホタルのレビューを静かに堪能した私たちは夢見心地で帰途についたのでした。


 ありがとうございましたratoさん(^^)








 
by WWMC | 2016-06-14 18:02 | フォトブログ奈良