東大台の夏:1:遙かなる霊峰

予備知識ゼロでした。ほんの12時間ほど前に誘いがかかり、どんな風景を撮るのかも全く解らぬ状態で辿り着いた真っ暗な山頂。

うっすらと白み始めた眼下の雲間に目を凝らしていると、聞こえてきたのが仲間の叫び声。

「あっ、富士山っ!」 

a0142976_18471062.jpg
* PhotoClickで拡大 * 【撮影7月10日】





 
 
そこは奈良三重の県境にある東大台ケ原:日出ヶ岳山頂。前夜までの雨があがるも、強烈な風が吹きすさぶ夜明けです。

この山には何十回と登っておられる先達二人に導かれ辿り着いた山頂。
最初空の一角にうっすらとオレンジ色の部分が現れ、その次に見えてきたのは眼下を埋めつくす雲海の白さでした。



つぎつぎに押し寄せては飛び去る雲の間に間に見え隠れしていたその頂き。
a0142976_1858232.jpg
やきもきしつつ目を凝らしていた数名のカメラマンに やがて僥倖が訪れました。



ここ大台ケ原から富士山頂を臨むことができる、ということは昔から知られてきたようですが
a0142976_19104767.jpg
この現代ではその確率かなり低し。澄んだ空気と強い風、そして夜明け前というのが必須条件。 * PhotoClickで拡大 *



おそらく一生涯、私の記憶に鮮烈にのこる夜明けでした。
a0142976_19335661.jpg
朝焼け・雲海・夜明けに富士の山頂。EXIFデータによればこの朝のドラマはわずか26分間。



初登頂、初撮影でこんな幸運を射止めることができたのは
a0142976_1934976.jpg
一にも二にも畏友ratoさん・narakumaさんのおかげでありました。感謝。 * PhotoClickで拡大 *












 
Commented by narakuma at 2016-07-14 21:54 x
shuさん、当日はお疲れさまでした。
素晴らしい作品が撮れたようですね。
紅葉もお薦めですから次回も是非。
Commented by susatan at 2016-07-15 05:18
おはようございます shuさん!!
この作品の数々に 言葉が見つかりません!!
あるのは 大きな溜息だけ……
見せていただけて ありがとうございます・・・それしか浮かびません。

あんまりにも 凄すぎて…
そして 「26分間の永遠」を 見事に切り撮られたことに
生意気にも 安堵したり 嫉妬?したり^^

今度 どこかでお会いしたときに
この「26分間の永遠」のお話を いっぱい聞かせてください。
ほんとに ありがとうございます!!

そして 「キャーー!! af;dklr;g:s;iw::vslf;d:(言葉にならぬ叫び)」を添えて!!

(昨夜拝見して 言葉が見つかなく 一夜明けてからコメントしようと試みたのですが^^ これが精いっぱいです)
Commented by WWMC at 2016-07-15 07:44
★narakumaさん おはようございます

貴兄こそお疲れさまでした。なにもかも頼りっきりに
なってしまいました。^_^; はじまりにはあまりの出来事に
感動するいとまもないほど動転しておりました。

朝陽の撮影ももっと場数を踏まないとなあ...と反省しきり
ではありますが、こんな倖せな瞬間に立ち会わせてくださり
心から感謝しています。ありがとうございました。
Commented by WWMC at 2016-07-15 07:58
★susatanさん おはようございます

そんな風におっしゃってくださりとても嬉しいです。
「姐さんのぷんぷん丸は覚悟せなあかんね...」と、隣の
奈良県在住の方と話してたので(^^) なんちゃって

正直、空が白み始めた頃は何が何だかわかりませんでした。
想像してみてください。まったく知らないところへ目隠しで
行って、目を開けたとたんこんな風景という感覚でした。
「あかん」絵を知らないまま「最高」の絵が飛び込んできた
わけで。

26分間は長いようですが私にはまったく足りません。
あたふたで半分以上費やした感じです。それでもなんとか
数枚は気に入ったのもありますので、また後半もよければ
ご高覧くださいね。ありがとうございます。
Commented by shinrajuku at 2016-07-15 14:27
「k h ;owh; lnajbJLgfv ,m\lluhga;lxoj:3,23rt147y2:(言葉にならぬ叫び)」(笑)

あ~あ、大台ケ原の魔物に心を奪われてしまいましたね・・・
もう大台ケ原から抜け出せない・・・
26分間のドラマを写真で拝見しているだけでトリハダもんです。
実際にこの現場にいたらボクならその場で卒倒です^^;
Commented by toshi8573 at 2016-07-15 17:32
shuさん
おめでとうございます。
初登頂で一生涯見られないかもしれない日出ヶ岳からの富士山は、
その時の喜びと感動は表せないのもがあったでしょうし、
その目を疑ったことでしょう。

何度か登ってるのですが、精進が悪く日の出も拝んではいません。
是非是非、
次回はご一緒して、
その引きを下され。
Commented by rato-yamato at 2016-07-15 19:51
2枚目の縦位置が新鮮ですわ~
いいですね!

人に見せたら色を誇張してるやろ!って言われそうですけど。
ほんまにこんな色でしたよね。
うん、安心しました。
Commented by WWMC at 2016-07-15 21:04
★ shinrajukuさん こんばんは

今思うともっともっとシャッター切らねばいけませんでした。
現場では思い返すと呆然としてましたわ... ありがとございます

魔物...いやほんと そんな感じですね...これはちょっと
難儀ですよ。 いかがです西向きの兄貴も(^^)?
Commented by WWMC at 2016-07-15 21:08
★ toshi8573さん こんばんは

ありがとうございます。ratoさんやtoshiさんのおかげで私も
こんな僥倖に巡り会えました。ほんとーに、このときは
驚きました。真っ暗な空間に突然ポッっとオレンジ色の
空間が出現し、そここあら先はあれよあれよという間の
出来事でした。

toshiさんと二人で眺めた今年の1月2日の日の出も
強く記憶にのこっていて忘れられません。お世話に
なりました。足手まといでしょうけどまたご一緒
させてください。
Commented by WWMC at 2016-07-15 21:12
★ratoさん こんばんは

ありがとうございます。上にも書きましたが、もっと
切らなきゃいかんかったーっと反省しきり。。。あの場に
居られかった方々になんか申し訳ない気さえしてきます。

縦位置、お褒め下さり(^^)嬉しいです。色はほんとに
こんなんでしたよね。ま、呆然としていた私が^^;言うのも
なんですけどね・・・まだ写真を眺めると夢見気分になって
しまいます。ありがとうございました。
by WWMC | 2016-07-14 19:52 | フォトブログ奈良 | Comments(10)