格別な場所で::夜明け前

いつの頃からかは存じねど、夜明けに大和路写真家が集う丘あり。 そこは私にとって、そしておそらくここを訪れる写真家の多くにとっても特別な場所です。

日曜の未明、久しぶりにその地へと車を走らせました。

a0142976_1624215.jpg
* PhotoClickで拡大 * 【撮影10月30日】







無駄な明かりは御法度の真っ暗闇の農道に居並ぶカメラマンのシルエット。
a0142976_9272159.jpg
おはようございますのかけ声とともに空いたスペースに三脚を立てさせてもらいます。 * PhotoClickで拡大 *



山の端の空と雲の色が次第に変化を見せ始め、そこへ写真家もまた一人二人と到着。
a0142976_14521293.jpg
あたりが明るくなってから両脇の写真家さんともに知り合いだったことに気づき互いに破顔でご挨拶。



この丘の上で三脚を立て、夜が明けゆく様を見ていると実に不思議な心持ち。
a0142976_9564261.jpg
なんとかこの瞬間を写し撮りたいと切望はするのですが  * PhotoClickで拡大 *



なかなかこの風景は手強いのであります。でもそこがまた魅力的で
a0142976_9311171.jpg
格別な風景として写真家の心を捉えてえ離さぬ所以なのでありましょう。



そうこうしているうちに山際の火球がぶわぁっと膨らみ始めました。
a0142976_1039277.jpg
さてここまではいわば初心者コース、ここからチャレンジコースに移り、次回に続けます。












by WWMC | 2016-11-01 20:01 | フォトブログ奈良


<< 格別な場所で::曙光に向きあう 紅葉風景2016:4:みどりの丘 >>