紅葉風景2016:16:Epilogue〜感謝の紅葉

古文書にも記されている小さな社のある初瀬の丘。いまは知る人も少なくひっそり閑。

じつは写友ratoさんと二人で来た前日の夕刻にも一人で訪れていました。

a0142976_1716221.jpg
* PhotoClickで拡大 * 【撮影12月3日】





車を駐め歩き出すときこの丘の麓にあるおうちの夫人に偶然お目にかかることが出来、ご挨拶。
a0142976_17232724.jpg
写真家達にとても理解のある方と伺っていました。 * PhotoClickで拡大 *



ほとんど真西へ向かって石段を登ってまいりますと
a0142976_17231382.jpg
丘の向こうが黄金色に輝いています。予想以上の輝きぶりにあわてて駆けだします。



間に合いました。仕事を片付けなんとか...と念じた願いが叶い
a0142976_1725426.jpg
夕陽という優秀なライティングスタッフも得て一人っきりの豪華な撮影会です。



眼下の国道を走る車から眺めたら
a0142976_17253497.jpg
きっとここだけが真っ赤に燃え上がっているのでしょう。 * PhotoClickで拡大 *



次第に傾く夕陽にともない
a0142976_1725456.jpg
枝々の輝く場所がつぎつぎ動いてまいります。


きれい〜。おおーすごい・・・
a0142976_17255736.jpg
と、声をあげ周りを見回しても誰ーも居ません。



皆に見せてあげたい、でも独り占めにもしたい...
a0142976_1726895.jpg
写真家のかたなら解ってくださるでしょう相反するふたつの感覚を。



やがて陽は山の端に近づき
a0142976_17271888.jpg
とうとう陽光は社殿を真横から照らし始め  * PhotoClickで拡大 *


この日一番の光が黄色い大楓を染め上げました。
a0142976_1727630.jpg
陽が沈む前にどうしてもこれだけはと財布を取り出し小さな社のまえにぬかずきます。 * PhotoClickで拡大 *



いま心に掛かっているいくつかのこと、友人達への感謝...
a0142976_17452762.jpg
そしてまたこんなに素晴らしい体験を出来たことどもが次々と浮かんできます。



初瀬の山を橙色に染め上げて陽光が沈んでいきます。急激に冷え込んできた帰り道でしたが
a0142976_17453637.jpg
坂を下るわたしの心はほのかに温もっておりました。



長らくの紅葉風景これにて了です。ご高覧に感謝します。















by WWMC | 2016-12-11 18:14 | フォトブログ奈良 | Comments(2)
Commented by rato-yamato at 2016-12-11 19:08
うわっ、夕方ってこんなにいいんですね。
知らなかったです。

もう、3年になりますか。
遠い昔のようでもあり昨日のことのようでもあります。
これからもratoの心の主治医としてどうぞよろしくお願いしますね。
Commented by WWMC at 2016-12-12 08:41
★ratoさん おはようございます

あれ そうなんですね。朝と夕方、ことしはまったく
違うライティングでこの素敵な丘を堪能することができ
またまた貴兄に感謝新たです。

こちらこそですよ。この3年は私にとっても大転換
いつも貴兄に助けられています。ありがとうございます。


<< It's a snow... 紅葉風景2016:15:さん... >>