田圃のなかの宙:7:いちにちの仕舞い

初夏の日差しと水面の反射でたっぷり日光浴ができたころには陽も傾きはじめ、二上山と大和三山は畝傍山のシルエットがくっきりと浮かび上がってきました。


じつは私め、この日ポカをやらかしました。 それは、拙宅を出るときに・・・
a0142976_15410699.jpg
三脚積み忘れ...   (・・;)



ま、それで夕焼けを撮ろうってのが
a0142976_15425695.jpg
どだい無理な話なのでありますが


そのとき畦道の脇でふと目にとまったのが
a0142976_17581604.jpg
いわゆるひとつの「紳士の社交場」



「すみませーん、この****お借りしていいですかー?」
a0142976_15443633.jpg
「あーええよー、持って帰ったらあかんぞー」  ^_^;はい、それはもう...



この三ならぬゼロ脚のおかげもあって
a0142976_15533588.jpg
美しい夕照のリフをゆっくり楽しめたという次第。



この時間帯には田植えのあとをひとりで見回られる農家の方の姿をよく見掛けます。
a0142976_16333052.jpg
その丁寧な仕事ぶり、真摯な姿に私はいつも感じいってしまうのです。


この日も暮れなずむ明日香村の広い田圃で
a0142976_16465343.jpg
ひとり黙々と一日の仕舞いをされるご主人の姿が


とても印象的でした。
a0142976_16505723.jpg
田圃に映る夕陽がだんだん薄くなり



やがて薄墨いろのなかへ消えてしまっても
a0142976_16524108.jpg
まだ氏のお仕事は続いておりました。


















Commented by ke-n at 2017-06-22 18:02 x
shuさん、こんにちは。

田んぼシリーズ、ええですねー。
僕も撮りたくなってしまいましたよ。
来年はもう少し里山に出没しようかなー。
まぁ、僕が撮ってもこんなドラマにはならないでしょうけど(笑。

光を実に綺麗に見せられて、
田んぼを愛されてる気持ちがとてもよく伝わってきますよ。
Commented by WWMC at 2017-06-23 07:54
★ke-nさん おはようございます

ほんまですか、そんなん言うてもらえると少し
ほっとしました。きっと観てくださってる方には
いっしょやないかーって感じられるんとちがうやろうか
と気に掛かってました^_^;

おっしゃるとおりこの季節の水田の美しさには
写真を初めて以来ずっと、いやどんどん引き込まれて
いっています。また里でもご一緒したいです^^!
ありがとうございます。
by WWMC | 2017-06-20 19:00 | フォトブログ奈良 | Comments(2)