<   2012年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

志摩の休日:1:予期せぬ風景

一週間前、三重:伊勢志摩へ週末旅行に出かけました。いつでも行ける場所...のはずが、自身では数十年ぶりの訪問。

土曜午後、鵜方という小さな駅で列車を降りレンタカーを借りました。
受付の女性に近くで景色の良いところは?と尋ねると、15分ほどで着く横山ビジターセンターを教えられました。

そして現地で車を停め急な階段をしばらく登った私は、眼前に拡がる風景に思わず歓声をあげてしまったのです。

* PhotoClickで拡大 *
a0142976_84669.jpg


_続き_
by wwmc | 2012-06-30 08:15 | フォトブログ:: | Comments(16)

たそがれ灯台

梅雨入り前、ある日の夕刻

a0142976_8244118.jpg
*PhotoClickで拡大__
海岸縁へ向かいました。


a0142976_8263382.jpg
*PhotoClickで拡大__

その日姿を現さぬままの陽が、静かな港に落ちていきました。

by wwmc | 2012-06-28 08:28 | フォトブログ大阪

はじまりは空を映して

紫陽花を観に行ったあと「ああ、きっと今頃あそこはあんなふうになってるだろうな...」と思い立ち、車を走らせ向かった明日香村の奥座敷:稲淵は予想通りの風景。

谷の斜面をおおい尽くすような棚田の群に満々と水が張られ、そこに植えたばかりと思しき稲の苗が綺麗に整列しているのが見えます。

_ PhotoClickで拡大 _
a0142976_16185547.jpg

これから何ヶ月もの間、太陽と自然の恵みを受けすくすくと育ちゆくであろう稲の苗。



そのいちばん始まりの季節の水田に、こうして大空が映し出されるということには何かしら意味を感じてしまいます。

a0142976_1619590.jpg

この日真っ青な空は残念ながらのぞめませんでしたが、それでも薄曇りの空の色にもまた趣がありました。



ところどころの田んぼの端っこに、幾株かの苗束がまとめて置かれています。どんな風に使われるのでしょう、この苗束は?

a0142976_16191692.jpg
_ PhotoClickで拡大 _

もし作業している方がおられたなら、ぜひともおたずねしてみたかったところです。




畔に咲く一本のアザミにモンシロチョウがとまりました。
a0142976_1620562.jpg

やがてそこへ二匹三匹と面白いように仲間が集まってきたので

a0142976_16202032.jpg
望遠レンズでしばし観覧。





苗の列がまーっすぐ並んでいるのは見てて気持ちいいもんですが、
a0142976_1620307.jpg

こんなふうに、ところどころカーブして植わっているのもまた人間味があって面白いなあ。

a0142976_16205527.jpg

どこもかしこも来るべき季節めがけて、すっかり準備を整えつつあるようです。



さあ、梅雨でも炎暑でもかかってこい...
a0142976_1621921.jpg


そんな頼もしい言葉が似合いそうな、夏待ちの稲淵でありました。

by wwmc | 2012-06-25 19:00 | フォトブログ奈良 | Comments(16)

夕暮れに撞く

先週のとある夕暮れ時、ふと思い立ち当家の菩提寺へふらりと出かけました。 昨年 こちらでご紹介したお寺 です。

a0142976_18411634.jpg


訪問時期もちょうどおなじ・・・去年は新しいカメラの試し撮りをかねて出かけたわけで、まあじつに不信心ものではあります。


a0142976_18414110.jpg

それでも、ひとつふたつと植わっている紫陽花が、また今年も同じように優しい色合いで私を出迎えてくれました。

a0142976_18415381.jpg


と、境内の一角からご~~~~んという鐘の音が聞こえてきました。


a0142976_18421781.jpg


もしや!とレンズを望遠にかえながら駆けつけますと、ひとりの若い僧侶が鐘楼の中で黙祷してられます。


a0142976_18423553.jpg

時計を見るとジャスト6時。他には誰あれもいない境内に、ここちよい鐘の音がゆっくりとひびいてまいります。


僧侶は、鐘を撞いては黙祷し黙祷しては鐘を撞くという動作をゆっくりと繰り返します。

a0142976_18425059.jpg
_ PhotoClickで拡大 _


せっかくの一日の終わりの厳かな時間を、下世話なシャッター音でおじゃましてしまい、このお坊さんにはちょっと申し訳なかったです...

a0142976_1843075.jpg
きゅっとひきしぼった口元がいいなあ。

最後のひと撞きのあとは、私もカメラを下ろして一緒に黙祷させていただきました。




何度きても、不思議と心が落ちつくお寺さんなのです。合掌

by wwmc | 2012-06-22 18:47 | フォトブログ大阪 | Comments(8)

紫陽花2012:2:仙人の視線

聖徳太子の弟君のお話とほかにもう一つ、このお寺にまつわる逸話。それは久米仙人伝説です。

_金剛山麓葛城の里に生まれた久米仙人は、吉野山での荒行を経てこの寺に移り住んだ頃には「神通飛行術」を会得し空中を自由に飛び回ることが出来ました。

a0142976_831235.jpg


_続きます_
by wwmc | 2012-06-20 08:12 | フォトブログ奈良 | Comments(12)

紫陽花2012:1:じっと眺める

写真好きの願いが通じたのか、夜半の大雨がほとんど上がった、きのう日曜日あさ。

明日香は畝傍山の南にある久米寺へ、紫陽花を拝見に出かけました。

a0142976_1836939.jpg


_続きます_
by wwmc | 2012-06-18 19:35 | フォトブログ奈良 | Comments(10)

花菖蒲2012:6:またこの小径を

こんなちょっとしたスペースにもこんなに心地よい空間を造ることができますよ・・・

a0142976_8212838.jpg
そんなふうな心意気がつたわって来るようでちょっと嬉しくなった花菖蒲園でありました。

きっとまた来年この季節にこの小径を歩くことにいたしましょう。
「了」

by wwmc | 2012-06-16 08:22 | フォトブログ大阪 | Comments(6)

花菖蒲2012:5:今はこんなに

この石垣は、幕末にこのあたりに造られていた砲台の跡・・・

a0142976_8191349.jpg
_ PhotoClickで拡大 _

それが今はこんな場所にとは...どなたかは知らねどこれぞ粋な計らいでありましょうね。

by wwmc | 2012-06-15 08:22 | フォトブログ大阪 | Comments(4)

花菖蒲2012:4:ここにいたの

a0142976_7532870.jpg

by wwmc | 2012-06-14 07:54 | フォトブログ大阪 | Comments(6)

花菖蒲2012:3:どこにいるの

a0142976_8232113.jpg
_ Photoクリックで拡大 _

by wwmc | 2012-06-13 08:24 | フォトブログ大阪