<   2012年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

都びとのこころいき

お祭りや人混みがどうも苦手な私め。

しかしこの夜は、京都の達人や心許せる友人に誘われ、わずか数時間ではありましたが祇園祭の一端を覗かせてもらうことが出来ました。

a0142976_16234099.jpg
_ Photoクリックで拡大 _


_続きます_
by wwmc | 2012-07-31 18:37 | フォトブログ京都

ならまち朝歩き

朝早く奈良に観蓮にでかけたあと、ちょっと所在なげになり、




ならまち方面へ向かいました。


_続きます_
by wwmc | 2012-07-28 16:37 | フォトブログ奈良 | Comments(12)

宇治の禅寺

源氏物語のせいもあってか宇治というと女性的なイメージをいだきがちですが、この辺りには有名な禅宗の寺院もいくつかあり。

ここ黄檗山 萬福寺もそのひとつ。宵々山で沸き返る洛中をよそに、ひっそりと静まりかえった境内をしばらく散策させていただきました。
a0142976_755563.jpg
* PhotoClickで拡大 *


_続きます_
by wwmc | 2012-07-26 08:02 | フォトブログ京都 | Comments(6)

通り雨の三室戸寺:2:宇治に咲く

やがて通り雨もすっかり上がり、境内には夏の晴天がおとずれました。

a0142976_874314.jpg


_続きます_
by wwmc | 2012-07-24 08:16 | フォトブログ京都 | Comments(6)

通り雨の三室戸寺:1:雨粒

京都は宇治の名刹:三室戸寺へ、観蓮に参りました。この日、未明に京都に集中豪雨が...と、FMから流れるそんなニュースが意外に思えるほどの薄曇りのやさしい空でした。

駐車場につくと開門にはまだ30分ほど。やがて、ふたたび西の空が暗くなってきかたとおもうと、またもやざーーーっとかなりの雨脚に。でも、実は心の中でちょっと喜んでいました。「この雨が上がると蓮の花には、ふふふ....」なあんてね。

a0142976_18122168.jpg


_続きます_
by wwmc | 2012-07-20 21:17 | フォトブログ京都 | Comments(14)

喜光寺の夏:2:考えさせられる花

ふとカメラから視線をはずして考えました。

夏の暑い日にわざわざ早起きをして蓮を観に来る人、撮りに行く人・・・みなそれぞれに目的があるのかな、いや目的なぞ無くとにかく観たい撮りたい人が多いのかもな。

私ももちろんブログ記事のためではあれど、思いはどちらかといえば後者かな。とにかく蓮花を毎年夏の初めに撮らないと気が済まなくなりました。

a0142976_1813483.jpg
_ Photoクリックで拡大 _


この花は本当に不思議な花です。
a0142976_18143142.jpg
これが天麩羅定食にちょこんとのっかってるあの美味しい具材につながってるなんて...ね。


まあそんな愚人の他愛ない思いはともかくとしても、
a0142976_18145612.jpg
この花に込められた神秘性は「蓮は泥より出でて...」の成句にとどまらず、
蓮花を愛でる人すべてに「もの」を考えさせる効果を持っているように思えます。


頭の中にそんなことどもを浮かべつつ鉢から鉢へとゆっくりと撮り歩いて
a0142976_18151763.jpg
奈良の初夏を楽しんでまいりました。



毎年探してしまうこんなつぼみもまた
a0142976_18153562.jpg

記憶に残しておくことが出来ました。感謝。

by wwmc | 2012-07-17 18:25 | フォトブログ奈良 | Comments(8)

喜光寺の夏:1:匠のこころ

平城京跡にほどちかい奈良の古寺、喜光寺。

ことしも夏の訪れを感じようとにこに来させてもらいました。シーズン中の早朝特別開門午前7時の少し前に到着。開門を待ちます。
この時間がまたいいんですよね...


住職さんにご挨拶を住ませたあと、早速、ことしの蓮を見せていただきました。
a0142976_16325538.jpg
* PhotoClickで拡大 *


それにしてもこの喜光寺、どんどん有名になって、どんどん境内が整備されていきます。

a0142976_16363728.jpg


私が初めておじゃました頃は、まだまだあまり人には知られていなかったので、、、

a0142976_16381832.jpg

ちょっと複雑な気持ちも・・・当時は、まさになんだか宝物をみつけた気分でいたものです。


このお寺の蓮は、すべて鉢植え。それも、とても綺麗に咲かされています。
それにはちゃんと理由があるんですね。
a0142976_16395472.jpg


この方、2年前の早朝、やはりこちらでお目にかかった樋口一匠園のおやっさんです。

a0142976_1642752.jpg

この日もひとつひとつの鉢を丁寧に観察しては、すわりこんで水を入れ替えたり古い葉っぱを取り出したり、と
まるで我が子を慈しむような優しい手つきで作業しておられます。

東大寺や薬師寺の蓮もこの方が咲かせているという凄い方に
前回、名刺まで頂き、それをずっと大事にとってあることを話すと嬉しそうにしてくれました。


もうひとつこの方の凄いところは、写真写りまでを考えて鉢を整備し、並べ、手入れして下さっているところです。
何人かのblogerが、この方とお話ししたことを記事になさっています。私自身も本当に頭が下がる思いです。
a0142976_16471064.jpg

石仏前の一枚をみたら、蓮の花やつぼみがほんの少し首をかしげお礼しているように見えました。



今年もありがとうございます。おやっさん。

by wwmc | 2012-07-14 16:51 | フォトブログ奈良 | Comments(8)

志摩の休日:6:おかげの駅

伊勢参りは別名:おかげまいりと言われたそうです。

神仏のおかげ、一大行事に自分を支えてくれた人たちのおかげ、
そして親のおかげ・・・そんな思いのこもったいい言葉だと思いました。


さて、参拝順序が逆になってしまいましたが最後に訪れたのが外宮。
a0142976_14552483.jpg
* PhotoClickで拡大 *


_続きます_
by wwmc | 2012-07-11 20:54 | フォトブログ:: | Comments(8)

志摩の休日:5:ハレの町

伊勢神宮:内宮の宇治橋のたもとから始まる通りが、おはらい町。

ここには江戸時代に大ブームになったお伊勢参りで栄えに栄えた伊勢の街並みが再現されています。

a0142976_14113269.jpg
* PhotoClickで拡大 *


_続きます_
by wwmc | 2012-07-09 21:03 | フォトブログ:: | Comments(12)

志摩の休日:4:清流と神宮

伊勢神宮に参詣してきました。

巷で近頃よく耳にする言葉、パワースポット。どなたが命名したのか、なかなかうまい呼びかたです。しかも昨今では若い女性が国内のそういう場所を尋ね歩くのがはやりとか。
この伊勢神宮も検索してみると、、、ありましたありました。やはりこちらも立派なパワースポットなんだそうです。

a0142976_14574686.jpg


_続きます_
by wwmc | 2012-07-07 15:04 | フォトブログ:: | Comments(8)