タグ:DA 21mm F3.2 AL Limited ( 101 ) タグの人気記事

紀勢の海:夜明け

年に一度、晩秋に紀北町を訪れることにしています。少しの用事と幾人かの人々に会うために。私にとっては心の洗濯のような旅。

ことしは夜明け前の浜辺に三脚を立てて日の出を待ちました。

a0142976_853197.jpg
* PhotoClickで拡大 *

湾の向こうに小さな漁港が見えます。


*続きます__
by WWMC | 2014-11-05 08:48 | フォトブログ::

凍てつく朝:1:夜明け

大和路ブログのお歴々のエントリーを拝見してるうちに、とにもかくにも早朝風景を撮りたくなり年末30日に奈良へ出かけました。

まずは葛城方面の小高い丘に上がり、御所〜明日香方面にレンズを向けて夜明けを待ちました。

a0142976_22182176.jpg
*photo clickで拡大*


*続きます__
by WWMC | 2014-01-04 22:42 | フォトブログ奈良 | Comments(6)

秋から冬への大和路::法起寺

秋の名残をそこここに見かける初冬の大和路を歩きました。

a0142976_81747100.jpg
*photo clickで拡大*


*続きます__
by WWMC | 2013-12-25 18:02 | フォトブログ奈良 | Comments(6)

夏の終わり2013::すこし哀愁を

夏の終わりになると、きまって浜辺にでかけたくなります。

物憂げですこし哀愁をもかんじるその雰囲気に浸ってみたくなるのです。

a0142976_18174817.jpg
*photo clickで拡大*


*続きます__
by WWMC | 2013-09-20 18:23 | フォトブログ大阪 | Comments(2)

いにしえ人の夢の跡:2:眺め

南北朝などという思いもつかない古き時代に、この高所に豪壮な山城を築城した城主たち、

そしてこの石垣の上に立ち、はるか吉野山の方角をみはるかしていた衛士たちの目には、

はたしてどんな風景がうつっていたのでしょう。
a0142976_9365114.jpg
* PhotoClickで拡大 *


春は桜、秋には紅葉の
a0142976_93819.jpg
美しい吉野山の山並みだったのでしょうか。



それとも山道を走りまわる兵士の勇姿か、はたまた傷つき逃げまどう民衆の姿だったのか
a0142976_9381840.jpg
いまの私たちには知るよしもありませんが



帰りがけに振り返って見たこの大楓の木は
a0142976_9383241.jpg
* PhotoClickで拡大 *
この地でたしかにそれらを眺め続けてきたのでありましょうね。




*今回で、私の紅葉風景2012は了と致します。ご訪問ありがとうございました。

by wwmc | 2012-12-15 09:40 | フォトブログ奈良 | Comments(8)

いにしえ人の夢の跡:1:高取城趾の朝

紅葉狩りにはうってつけのおだやかな好天にめぐまれた11月三連休の最終日、明日香村と吉野山の間にある高取山へ参りました。

夜明けとはまいりませんでしたが、まだ早朝で人かげもまばらな急勾配の山道を車で駆け登っていきました。

南北朝時代に築かれたという巨大な山城あと:高取城趾の風景をしばしご覧ください。

a0142976_18483463.jpg


最後の急な石段を登って頂上に着くと、そこに夜明けの撮影を終えたところというような数名の方がちらほら。
a0142976_190521.jpg
やがて陽光はどんどん強くなり、石垣の上の大楓をまっ赤に染め始めました。


巨大な石組みの回廊を回り込むように登っていくと
a0142976_18491981.jpg
こんどは一面金色の世界。



このとき偶然にも、全国の城跡の石垣を修理して廻っておられるという専門家の方とお目にかかり、
a0142976_18492953.jpg
* PhotoClickで拡大 *
いくつかの興味深いお話しを伺うことが出来ました。



三脚をかついでごついカメラを抱えたその方自身も、四国のとある武家の末裔なのだそう。
a0142976_18493814.jpg
こんな方々がおられるからこそ、私たちもこうして いにしえ人の夢の跡をなぞることができるのでしょうね。

by wwmc | 2012-12-13 08:09 | フォトブログ奈良 | Comments(4)

絶景かな::南禅寺三門楼上

かの石川五右衛門丈が見得を切りつつここで叫んだといわれる、南禅寺三門楼上へ登りました。

a0142976_184392.jpg
「ぁ 絶景かな 絶景かな...」


*続きます___
by wwmc | 2012-11-28 18:16 | フォトブログ京都 | Comments(12)

戦乱の世の雅

 南禅寺は、いうまでもなく禅寺でありますので、あまり華美な装飾や庭園などとは無縁のお寺。

 しかしその塔頭のひとつ天授庵は、歌人でもあった武将:細川 藤孝により再興されたというだけあって、とても美しい庭園に囲まれていました。

a0142976_1562510.jpg


*続きます__
by wwmc | 2012-11-26 17:43 | フォトブログ京都 | Comments(16)

朝陽の真如堂:1:灯すがごとく

大文字山の端からきらりと陽光が差しはじめたころ、写真仲間とともに真如堂の門前に着きました。

さすがにまだ境内の人影はまばら。曙のしじまにうずくまったような本堂の写真をまずは一枚。

さあ、いよいよ一大スペクタクルの開演です。
a0142976_18135766.jpg
* PhotoClickで拡大 *


*続きます__
by wwmc | 2012-11-21 18:20 | フォトブログ京都 | Comments(18)

古き山の紅葉:4:山への畏敬

太古の宗教では、さまざまな自然が信仰の対象になっていたようです。

a0142976_8104618.jpg
* PhotoClickで拡大 *


*続きます___
by wwmc | 2012-11-19 08:30 | フォトブログ奈良 | Comments(4)