道央の夏2015:2:湖面へそして林の中へ

旅の2日目は早朝からシーカヤックでの湖上散策+トレッキングのガイドツアーへ。然別湖の東岸に位置する天望山の麓へ湖面を漕ぎ渡って上陸し、そのまま隣の東雲湖までトレッキングという贅沢なメニュー。

この朝は見事な晴天、いやぁ出発前にはこんな空を拝めるとは思ってもみませんでした。説明もそこそこに私たち四人は二艘のカヤックに分乗して湖面へと滑り出します。

a0142976_15231342.jpg
* PhotoClickで拡大 *




これまでにも北海道で幾人かのネイチャーガイドの方にお世話になりましたが

なかでも今回のガイドMさんはとびきりのベテラン。

おまけに彼は写真家でもあったのです。これが私にはとても幸運でした。



出艇前に 「もちろん自己責任でですが一眼レフカメラ積んでってもいいですか?」とおそるおそる尋ねますと
a0142976_15313961.jpg
もちろん!という嬉しいお返事とともに、これ使ってくださいとゴミ用の大きなビニル袋を貸してくれました。



おかげでゆらゆらゆれるカヌーを漕ぎつつ足の間からカメラを取り出しては撮影するなんてことができたのです。
a0142976_15314839.jpg
低いレベルから見上げる湖上の空は広く爽快でそして「天候が見える」ということを知りました。



「そちらに出てきた積乱雲に向かってほら、あっちの雲がもうすぐ流れてきますよ」という説明のあとしばらくすると
a0142976_1532250.jpg
すうっとあたりがボンヤリして雲に包まれたのが判り、頬にあたる細かい水滴を肌で感じました。 * PhotoClickで拡大 *



このトレッキングコースはさほど長くはないのですが幾種類もの植生を目にすることができる面白さあり。
a0142976_15434283.jpg
まずは下生えの笹に覆われたミズナラやカエデの木々が茂る優しい表情の林を歩きます。  * PhotoClickで拡大 *



しばらく歩くと周囲の地面には苔が目立つようになります。表面を手で押してみるとふわふわの分厚さ。
a0142976_15435257.jpg
火山活動で形作られたと考えられている然別湖周辺の山は大小の岩石が積み重なり、その表面に様々な植生が形成されました。



そして今回一番驚かされたのが、山肌に無数に口をあけたこの「風穴」でした。
a0142976_15471425.jpg
このあたり山の深部にはなんと「永久凍土」があり、そこから岩の間を通り抜けてきた低温の冷気が



あちこちの風穴から常に吹き出しているのだそうです。
a0142976_1544167.jpg
この日のガイドさんの温度計実測でもなんと2度の冷風が吹き出していました。



こんなに不思議な自然の造形をこの歳になるまで知らずにいたとは、いやはや。
a0142976_15472580.jpg
中央奥に白っぽく見えるのはヒカリゴケ、肉眼ではもう少し青みがかり不思議な光りでした。




さらに丘を登っていきますとまたまた周囲の様子ががらりとかわり広葉樹は少なくなり大きな岩が目立つようになります。
a0142976_15473749.jpg
やがてガイド氏の予告通り一行はすっぽりと雲の中へ。あたりには高山植物やエゾマツが沢山生えています。



この腰ほどの丈のエゾマツ...いったい樹齢何年くらいだと思われますか?
a0142976_15474759.jpg
答えはちょっと下に書いておきますので想像してみてくださいね。 * PhotoClickで拡大 *













なんとこれですでに百年以上だそうです・・・気の遠くなるような年月がここには積み重なっているんですね。

[PR]
Commented by mmpphoto at 2015-08-20 21:15
今晩は。
北海道いいですね~
羨ましいなぁ~
ってよく見たらカヤックの乗りながら撮影❔
転覆したらカメラアウトでっせ‼
う~わ!
絶対に持っては乗らへん!
怖い怖い(^^;
Commented by WWMC at 2015-08-21 08:11
★mmpphotoさん おはようございます

北海道はやっぱ何度行かせてもろうてもため息が出る
素晴らしさです。カヤックへのデジ一持ち込みはちょっと
迷いましたけど、ガイドさんもよく持ち込まれる
ってことで決心して...ま、フツーはやらないっすよね(^^ゞ
Commented by rato-yamato at 2015-08-21 15:38
地球は生きているということを感じます。
どのくらいの深部に凍土があるのか興味が出てきました。
近畿の自然とはスケールが違いますね。
その自然のおこぼれを少しだけ頂いてカメラに収めさせてもらえることに感謝です。

残暑御見舞申し上げますm(_ _)m
Commented by WWMC at 2015-08-21 21:17
★ rato-yamatoさん こんばんは

ご丁寧にありがとうございます。この2,3日朝夕は
ほんの少しだけ暑さも和らぎましたね。

おっしゃるとおおり、そんなことを私も感じました。
今回の旅で出会った3人の方のお話にも
そんなことを考えさせられました。
然別の山の深部に岩や石が重なり合って
隙間があるということも重要な条件なんだそうです。
それが永久凍土をいつまでも保っておく装置と
なっているのだとか。自然ってすごいです。
Commented by fiat_lux at 2015-08-22 20:57
shuさん、こんばんは!
カヤックトレッキング、いいですね〜
幸運なことにこれまでカヤックで沈したことはないのですが、沈しなくても相当濡れますから、
一眼レフカメラを持ち込むか、と言われるとちょっと躊躇しますね(笑)
でも、shuさんの挑戦のおかげで素敵な光景を拝見することができました。

永久凍土とか、風穴とか気になりますね〜
次回行く機会があれば訪ねてみたいです!
Commented by WWMC at 2015-08-23 14:25
★ fiat_luxさん こんにちは

二人乗りのカヤックは安定しているので安心でした。
スプレーカバーの中にビニール袋を仕込んで
外したり被したりして撮りました。まあ、波も
激流も無い条件だからできたことなのでありましょうね。
同乗者にはちょいとナンでしたが(^^ゞ

旅館が2軒しかないのでほんとに人が居ない。
国立公園の中なのでエンジン着きボートも遊泳も
禁止、ということで人が少なくて写真家には嬉しい条件。
ただ、湖面へのアクセスにはちょっと苦労します。
是非次回お出ましください。
Commented by mint at 2015-08-25 12:11 x
こんにちはぁ^^
なんだか、私までシーカヤックに乗った気分になって
お写真拝見させて頂きましたぁ♪
楽しかったっ。
北海道の自然は、本当にスケールが違いすぎますね。
クイズ、「まさか100年って事はないでしょう」なんて思いながら(笑)
答えを見てビックリ(@_@;)
それに永久凍土? 風穴?
なんだかこちらに住んでいると聞いた事のない言葉がたくさんで
とってもお勉強になりましたぁ。
それにしても北海道の自然って、ありきたりな言葉で申し訳ないですけど
やっぱりスゴイっ^^
Commented by WWMC at 2015-08-25 22:09
★mintさん こんばんは

ありがとー(^.^) そう言うていただけると
ドキドキしながら積み込んだ甲斐があったって
もんです。うれしい。

ねー、ほんとにこのエゾマツには驚愕でした。
背の高い木で樹齢何百年なーってのはよくよく
伺うことで、それはそれで驚きではあるんですが
こんなちっこい木がねえ・・・
「え?きみワシが生まれた頃にもうここに立ってたんね...」
ってね。

今回はとにかく驚くことが多い旅でありました。
Commented by toshi8573 at 2015-08-25 23:00
shuさん
こんばんは。
いやぁ~、北海道はでっかい道ですね。

私はもうすぐ第二の人生へ突入ですが、
その前に休養して今までの自分と家内にご褒美をと考えています。
北海道もええかなぁと。
その時はええとこ教えてください。
Commented by WWMC at 2015-08-26 08:01
★toshiさん おはようございます

嬉しいコメントをありがとうございます。
道東、道央はどこも実に素晴らしいです。
toshiさんならきっと間違いなくはまりまくりでありましょう。
今回、次男の勧めでLCC+格安レンタカーという
組み合わせのおかげで交通費はすごく安くあがりました。
ぜひまたご相談したいです。
by WWMC | 2015-08-20 19:44 | フォトブログ:: | Comments(10)