人気ブログランキング |

新緑の里山2017:3:村に泊まる

南紀から北へ緑の中を抜けて国道をひた走り、川上村へ到着。

a0142976_1440720.jpg
* PhotoClickで拡大 * 【撮影5月4日】





今夜はこの村に泊まります。
a0142976_14425148.jpg
翌朝のロケハンを兼ねて


まずは川沿いを探索。
a0142976_14432660.jpg
噂に違わず美しい流れです。 * PhotoClickで拡大 *


こちらは一軒貸しの宿HANARE。
a0142976_1444188.jpg
食事は自分で作る、がコンセプト。


今夜の私の担当は御飯炊き。なんと竈で炊くのです^^
a0142976_14451863.jpg
薪は大切な燃料源。たくさん蓄えられてあります。



使い込まれた竈のどっしりとした安定感とはうらはらに
a0142976_14454869.jpg
「どうなることやら...」の不安感 * PhotoClickで拡大 *


しかしいったん竈に火が入りますというと、宿のご主人の指導のもともう夢中。
a0142976_1446487.jpg
実に楽しく、またその炊飯の仕組に感心また感心。 * PhotoClickで拡大 *



火吹き竹一本で、火おこしとご飯の炊きあがりセンサーの二つの役目があるなんて・・・
a0142976_14461643.jpg
いつもながら先人の賢さには脱帽です。



炊き上がったら薪をすぐ消し残り火を蒸らしにつかうと同時に
a0142976_14463154.jpg
密閉した竈の中で消し炭が出来上がるという、この魔法のようなリサイクルシステム。



もうほんとに昔の日本人は凄いです。素晴らしいです。
a0142976_14464927.jpg
あー面白かった、美味しい本物の「かまど炊き」ご飯のできあがり!



誰も来ず、一台の車も通りません。川のせせらぎとときおり薪の爆ぜる音だけが響きます。
a0142976_1447481.jpg
まだまだ冷えこむ静かな里の夜。薪ストーブに火を入れて明日の撮影の為に早寝です。












by WWMC | 2017-05-13 18:36 | フォトブログ奈良