芽吹きの色

どんなときにもリーダーはたいへんです。私の場合、いつも山歩きはただ着いてくだけのお気楽登山。この朝など行く先の山の名さえ知らずに登り始めたのですから。

でも、そんなことを苦にせず先導してくれる良き友人の存在は真にありがたい。

さて、この日は新緑を楽しむハイキング...のつもりでしたが・・・

a0142976_1748881.jpg
* PhotoClickで拡大 * 【撮影5月7日】




思っていたよりはもう少しハードな山行に。
a0142976_17482017.jpg
奈良南部、又劔山から丸塚山を結ぶ竜口尾根を歩きました。



眼下にひろがる春色とはうらはらに、稜線に出てみるとものすごい強風。
a0142976_17484236.jpg
慌てて防寒具を着込む一同。 



それでも山の木々は季節の移ろいを識り
a0142976_17485045.jpg
それぞれの新芽の色、枝の色をなし、辺りに春を告げているかのよう。 * PhotoClickで拡大 *



この日あらためて気付いたこと・・・それは
a0142976_17482724.jpg
芽吹きの色の多彩さ。 * PhotoClickで拡大 *



そこには緑や薄緑だけではなく
a0142976_17483467.jpg
それをなんと表現して良いのやら * PhotoClickで拡大 *



すぐには思いつかないほどの色のバリエーションがありました。
a0142976_17485873.jpg
これを正しく言い表すにはきっと



「和の色」の呼び方こそしっくり当てはまるのではないかな、
a0142976_1749636.jpg
ふとそんな風に思いました。



その大きさを表現できるレンズを持ち合わせていないような大樹も
a0142976_17491525.jpg
連なる山々の春をしずかに睥睨していました。 * PhotoClickで拡大 *



ここは大台ヶ原の大蛇嵓(だいじゃぐら)を正面に捉えることができることでよく知られたルートだとか。
a0142976_17492312.jpg
ただこの朝は黄砂のため視程が低くあまり明瞭ではありませんでした。 * PhotoClickで拡大 *



それでもすべての行程が見晴らしがきき、台高山脈や十津川の峻険などが見晴るかせ
a0142976_1749372.jpg
なかには自分も登った山も遠望できたりと、とても興味深い山行でありました。 * PhotoClickで拡大 *



駐車場まで降りたとたん嘘のように強風はやみ
a0142976_17494764.jpg
散り残った山桜の上におもしろい形の雲が掛かっておりました。



ke-nさん、Narakumaさん、55さん、ratoさん、aviさん、Iさんありがとうございました。














[PR]
Commented by ke-n at 2017-05-24 18:42 x
shuさん、当日はお疲れ様でした。
さぶかったですねー、
僕、登山口からいきなりダウンを着込みましたもん(笑。

新芽の色、同感です。
僕は黄色とオレンジを混ぜたようなリョウブの新芽を逆光で見るのが好きです。
6枚目のお写真のような感じです ♪

大樹の切り取り方もとても参考になります。
Commented by WWMC at 2017-05-24 22:36
★ ke-nさん こんばんは

ほんと長帳場お疲れさまでした。

そうですか、リョウブという木なのですね。
またひとつ賢くなりました。
おっしゃるとおち新芽は逆光でみると
美しさが引き立ちますよね。

参考なんて^^;おはずかしきかぎり
また行きたいです。
by WWMC | 2017-05-23 19:23 | フォトブログ奈良 | Comments(2)